banner

書類作成と登録

一般社団法人を設立のための書類作成と登録について

複数人で「営利を目的としない」「非営利」の活動を考えているのなら、一般社団法人を設立するのがよく、特に公益事業をメインにして行う場合、法人税や登録免許税などの大幅な優遇を受けることができます。ただしこれは一定の基準を満たす必要があり、一般社団法人ならすべてにおいて優遇されるわけではなく、しっかりと調べておくことが必要となります。

それでも設立に関してはそれほど難しいものではなく、2人から可能となりますし、費用に関してもさほど高額ではないので、しっかりとした内容の書類作成さえ行えば可能になる場合が大きくなります。

それでは一般社団法人を設立するためにはどういったプロセス、流れになっているのかというと、定款作成、定款認証手続、役員選任や代表理事選定、一般社団法人設立登記申請といったものになります。この中でもっとも重要になってくるのが「定款作成」で、

これは名称や住所、目的といった基本的な事柄を、さらに組織や意思決定方法などの法人運営で必要となってくるものなど、必要とされることを文章とした書類になります。これが認証されないことには進むこともできなくなるので、もっとも重要なものとなっているのです。

そして無事に認証された後は、法人として活動するために人員配置を行う必要があり、最低数であってもこの取り決めは必要となります。その上で申請して無事に受理され登録となって、公的に一般社団法人の設立となるのです。

また基金制度を利用する場合にはその旨も申請しなければいけなく、基金の拠出者の権利や返還手続を定めておく必要があるのです。一般社団法人というのは非営利でありますが、利益を出してはいけないということではなく、また役員やスタッフに報酬を支払うことも可能となっています。このことをしっかりと確認しておくことも、作った後に持続させるために必要となってきます。

どんなものでもそうですが、何かを作り出して認めてもらうのは面倒な作業が必要とされます。そして法的に認められるためには書類作成、そして受理されて登録されることが大切なのです。そのため作成の時にはひな形、テンプレートを使うなどして、訂正の箇所がないように行うことが重要になってくるのです。また作り出すことは比較的簡単ですが、持続させることは難しく、それゆえ最初にしっかりとしたビジョンを持つこと、運営方針を明確にしておくことが求められ必要となってくるのです。

Copyright © 2019 一般社団法人の設立には申請書を用意All Rights Reserved.