banner

目的と資産

一般社団法人の設立の目的と資産について

何らかの活動を行う団体と言うものは非常に多くの数が存在していますが、その中には非常に大規模なものも少なからず存在しています。ある程度の規模の団体になれば金銭の動きも非常に多くなるのが一般的であり、個人での管理を行うには限界があると言えるでしょう。一般的な事業の場合にはこの様な段階で株式会社や合同会社等の設立を目指すことになるのが一般的であると言えます。

これらの法人を設立する手順は非常に明確になっており、ある程度の資金を工面することが出来れば決して困難なことではありません。法人を設立させて成功に導くことは非常に困難であると言えますが、単に作ることだけを考えるのであればそれほど難しいことではなくなってきています。

最近では営利目的ではない団体も増えてきていますが、その様な団体の場合には一般社団法人を選択するのが一つの答えであると言えるでしょう。一般社団法人は配当を出すことが出来ないという仕組みの代わりに様々なメリットの恩恵を受けることが出来ます。そのため一般社団法人の設立は営利企業以外が目指す法人格としては代表的なものであると言えるでしょう。

この様な一般社団法人は設立するメリットには様々な要素がありますが、その中でも大きなものが信用の増大と資金管理の透明化です。前者の信用については、法人化しない場合の団体はあくまでも代表者個人と変わらないという特徴があります。そのため審査をしてもらうところまでいかないケースも少なくありません。また銀行口座も法人化しない場合には団体用には作れないため、団体の資金を個人名の口座で管理することになります。この様な対応は非常に望ましくない状況にあるため。資産の管理をより透明性を高めて安心できる状態に置くかが非常に重要なテーマになっていると言えるのです。

一般社団法人の設立を行うメリットの一つに資産管理という側面があることが知られています。例えばある団体が法人化した場合には収入の全ては会社の収入として判断されます。法人化するまでは事業収入と呼べるような状態であっても代表者個人の口座で管理されるのが一般的でした。この様な運用は管理上様々な問題を発生させてしまいますので非常にリスクのある管理方法であるということが出来るのです。そのため資金管理の透明性を高めて安全な資産管理を行うためにも一般社団法人の設立はその重要な手段として期待されてきていると言えるのです。

Copyright © 2019 一般社団法人の設立には申請書を用意All Rights Reserved.