banner

マニュアルについて

一般社団法人の設立とマニュアルについて

現代社会において何らかの活動をしようとする場合には法人格を取得しておいた方が何かと便利であると言えます。特に他の企業などの法人を相手にして活動する場合にはこちらも法人格を持っていないと中々取引が上手くいかないケースが出てきます。営利目的ではない一般的な活動を行う団体の場合、2008年に施行された法律によって設立可能になった一般社団法人が誕生するまでは法人化に非常に高いハードルがあったと言えるのです。

そのため公益法人等の非営利団体の取得が困難な一般団体の場合には法人化そのものが難しいという時代がありました。法人化には大きなメリットがあるために多くの人が新規での法人化を希望していましたが、非常に厳しい審査基準に阻まれて中々上手くいかないというケースが少なくなかったのです。

しかし現在では一般社団法人の設立が可能になったということもあり、非営利団体であっても比較的速やかに法人化することが可能になってきています。難易度としては株式会社等の企業の設立と同じ程度の難易度と言えます。必要とされる条件が非常に平易であるため、一般社団法人の設立のための一般的なマニュアルがあれば最悪自力での設立登記も不可能ではないと言えるでしょう。

一般社団法人の場合も設立のためには必要書類を作成して所轄の法務局に提出するという基本的な部分は変わらないので、マニュアルに従う形で必要な書類を揃えて行くことが出来れば仕組み上誰でも一般社団法人の設立は可能であると言えるのです。

その様な一般社団法人の設立を行うメリットとしては、やはり法人格を取得できるという点に尽きるでしょう。この対応を取らない場合はどんなに大きくなったとしても法人としては扱われません。そのため団体の責任者に当たる人物個人に全ての責任が課されるのが一般的です。個人事業主がどこまで行っても個人事業主であるのと同様に、一般社団法人の場合も条件を満たして法人の設立登記が完了しなければ個人事業主なのです。

この様に個人の扱いになる場合には、何らかの問題が発生して損害賠償請求される場合にその責任の殆ど全てが代表者個人に降りかかってしまうのです。そのため一般社団法人等何らかの法人格を取得しないという場合には、個人で損害に対する無限責任を引き受けなければならないという非常にリスクの高い問題と向き合わなければならないのです。その様な仕組みが存在していることが知られています。

Copyright © 2019 一般社団法人の設立には申請書を用意All Rights Reserved.