banner

チェックシート

一般社団法人の設立時にはチェックシートが役立ちます

何かの目的を持って団体を作る、これが利益優先なら会社設立で良いのですが、営利を目的としない内容の場合、一般社団法人を設立した方が効率が良くなっています。ちなみに「営利を目的としない」というのは社員、いわゆる団体の構成員に対すして剰余金の分配を行わないことであり、分かりやすくいえば株式会社の株主配当にあたることを行わないという意味になっています。それゆえ収益事業を行って利益を得ること、さらには団体の役員報酬、従業員給与を支払うことは問題ありません。

これを理解して一般社団法人を設立することが大切になってくるのですが、法人ということは法的な手続きが必要となってきて、それらをひとつずつクリアする必要があります。抜けると成り立たなくなるので注意が必要で、それゆえチェックシートを作っておくのがいいでしょう。

一般社団法人の設立に向けてのプロセスは定款作成、定款認証手続、役員選任や代表理事選任、一般社団法人設立登記申請という流れになっています。あくまで最小に絞ってのものになっていて、事務所を構えるのなら場所が必要ですし、活動内容に関しても明記する場合が出てくることもあります。ただ上記の流れはどんな内容でも必要となってきて、しっかりと実行することが求められるのです。

それゆえ必要な項目を書いたチェックシートを作成しておくと便利で、抜け落ちることがないので安心して作業を進めていくことができるはずです。法的な手続きというのはミスが見つかると作業進行が止まってしまうので、十分に気を付けて行うのですが、それでも人間の行うことなのでミスが出てくることは考えられます。そんな時にチェックシートがあれば避けられますし、これらからの流れも分かるので、スムーズに作業を進めていくことができるのです。

一般社団法人の特徴は非営利であること、それゆえ設立そのものはさほど難しいことではありません。必要な書類や金銭があれば可能となりますが、問題はその後であり、作った後に長く活動を続けていくことが大変なのです。それゆえ団体を作る前にしっかりとしたビジョン、展望を考えておくことも重要なポイントになってくるのです。

どれだけ志が高くとも、必要な項目をクリアしなければ認可はおりず、活動することはできなくなります。それゆえしっかりと考えて行うこと、チェックシートなどを活用することが大切で、必要なことをひとつひとつクリアしていくことが求められます。

Copyright © 2019 一般社団法人の設立には申請書を用意All Rights Reserved.