banner

申請書を製作

一般社団法人を設立する時の申請書を製作するために

何かの目的を持って人々が集団で活動をしようとした場合、利益を考えるのなら会社を、営利を目的としない場合は一般社団法人を設立するのがよいでしょう。団体として認可が下りればいろいろとやりやすくなるので、特に否定的な事情がなければ設立することがおすすめになっています。

そして一般社団法人の場合、許可を取るのはそれほど難しくはなく、手続きに関しては定款作成、定款認証手続、役員選任や代表理事選任、一般社団法人設立登記申請書提出があります。これらを正しく行うことによって許可が下りますし、認定にかかる費用に関してもそれほど高くないので設立に関しては難しくはありません。

では一般社団法人の設立において大切なものは何かというと、申請書の作成もそうですが、まずは定款作成が重要になってきます。定款というのは法人における最高規則であって、その法人の成り立ちや運営において重要な事項を定めたものとなっています。一般社団法人の場合、定款には法人の名称や住所、目的といった基本的な事項が、さらに必要に応じて組織形態や意思決定方法についても定める必要があって、その内容によって法人運営や事業運営に影響が出てきます。それゆえ定款作成は設立手続において最も重要なステップとなり、注意が必要となってきます。

そして定款認証手続によって法令に適しているかどうかを確認されて、これが済めば8割方終了したと考えられます。それゆえ定款作成がとても重要なものとなってきて、確かな内容にする必要があるのです。

そして人事を決めて法人としての形態を整えて、設立登記申請手続きを行っていって、受理されれば名実ともに一般社団法人のできあがりとなります。

一般社団法人というのは非営利であることが定められていて、これをボランティアと同様に思ってしまう場合がありますが、実際は大きな違いがあります。非営利ですが活動において利益を得ても良いですし、役員やスタッフに対して給与を支払うこともできます。これらをしっかりと認識しておかないと、せっかく設立しても活動が続かず停止してしまうことになります。そしてそういったことは多くありますので、最初に確かなビジョンと方向性、活動方法などを考えておくことが求められます。

何事もそうですが、作るのはわりと簡単なのですが持続させるのは難しく、これをしっかりと考えることが重要となります。ゆえに方向性を決めておくこと、それが大切です。

Copyright © 2016 一般社団法人の設立には申請書を用意All Rights Reserved.